豊かな自然をそこなわない暮らし

昔は地元にある自然のもので住まいや道具をつくり
使ってきましたが、今ではすっかり使われなくなりました。
森の緑を「きれいだな」「気持ちいいな」とは思っても、
暮らしに役立ててきたことは忘れがちです。

地元の風土に育った木でつくられてもの、
いずれ自然にかえるものを使って生活しませんか。
森と人の環にあるのは、身近な木を使って地元の木工家の
手仕事によりつくられた家具・生活道具です。