三重で森を学ぶ。

  速水林業の大田賀山林にて林業塾に参加してきました。 林業政策、世界の林業、林業経営、workshopと、多岐にわたりました。 最先端の知識や情報を擁し新技術を普及しながらも、 古くからのお付き合い(連携先) […]

今日の出逢いふたつ

森と人の環のお客さまが 数年前にVOLVOXの木工展で購入されたカッティングボード。 このデザインはきっとwood face 阪口氏のもの! 使い込まれて木が軟らかな感じ、トラ斑に年季が入っています。 こういう形で出逢え […]

ムクロジの芽生え

ムクロジは河畔林を形成する木だそうです。 河畔に木が在ることは 土を留め生物のよりどころとなるので大事です。 最近では台風などの荒天の後の流木被害を留める役割として「緩衝林」という言葉も使われます。 タネの表皮はとても堅 […]

長い長い家づくりの話。

  大森建築・設計事務所の完成お披露目に行ってきました。 おじいさんが守り、植えたスギで、 孫の代の家が建ったというすてきなお話です。           &n […]

日本画に新風

杉本さんの展覧会が好評のうちに終わったそうです。 黒漆とナシ材に縁どられたノスタルジックな御在所三景 「暮らし」を大切に思う心が画題にも表出   他の記事

”森と人の環”の看板に雪!

温暖な地域、と言ったとたんに雪が降りました。。。 この菰野の辺りでも、温かい地域とはいえ年に1,2度は雪が積もります。鈴鹿の山が3回白くなると次は里の番、と聞いています。昨年は20年に一度くらいの、40cmくらい積もる大 […]

冬のさなかにも暖かな。

今シーズンは冬が着実に訪れ毎日しっかり寒いです。そんな中でも、森と人の環には店舗とは別に控えの間がありまして、南向きの居間に陽射しが入ると午後の一刻はストーブを消すくらい暖かです。さすが。   何がさすがかと申 […]

OpenというよりOpening

看板はヤマザクラでできています。辻中木材さんの板材です。森と人の環の油田氏が板を整えました。ロゴは、デザイナーの辻さんに連れられて伊勢の wac works さんに行き、レーザー加工機で書きました。辻さんが、少しでも見え […]